[旗・横断幕WEB]旗(フラッグ)の仕上げ

旗(フラッグ)の仕上げ

オリジナル旗(フラッグ)はヒートカットでカットしてハトメで仕上げます。
旗の耐久性は風の強さに大きく影響を受けます。使用後は取外しをお勧めします。

旗(フラッグ)の仕上げ

旗・フラッグのハトメ補強-仕上げの位置は希望によって製作!
ご注文時にはハトメ位置と数を必ずご指定ください!

ハトメ位置が特に指定の無い場合は、下図標準位置→左2の製作です。
旗をむすぶためのハトメ細ひもは、ハトメごとに30cm付属しています。

旗(フラッグ)ハトメ位置と数

標準は下図の旗の左側2ヶです。
ハトメが必要ない場合はご注文時にお知らせください。

下記は、旗・フラッグの標準的なハトメ位置の例ですので、下記以外でもOK!

標準の旗 左2 指定例 上2
旗1 旗2
標準の旗 左3指定例 4角
旗3 旗4

旗の使用方法

旗は綿やポリエステルに限らず、屋外で長期に使用するには、耐久性がありません。
弱い風でも旗がなびくように薄い布で作成されていますので、素材が「ちぎれ」やすくなってしまうのです。

耐久性の対策(長持ちさせるには?)

旗・フラッグの生地の「耐久性」は、これ以上期待できません。

旗・フラッグの補強三角布

旗・フラッグには、ハトメを使用しますが、そのハトメの下地補強のための三角布です。

旗(フラッグ)のヒートカット

旗・フラッグの周囲カットは、ヒートカット(溶断)仕上げです。

旗・フラッグの生地が、ポリエステル(トロピカル)ですので、熱で溶かして切断します。
ヒートカットは、「ほつれを無くするため」 と 糸で縫った場合の 「つっぱり・変形」を防ぐためです。
耐久試験:結構風あたりの強い場所に掲げぱなしで、2週間ほどで「ほつれ」が出ました。

旗(フラッグ)の三つ折縫い

旗・フラッグの周囲を、三つ折にして糸で縫います。

これは、風に対して、ヒートカット(溶断)よりも多少は耐久性がありますが、大差ありません。
糸で縫った箇所から、ちぎれたり、糸の張り加減によっては、多少の変形もあります。
耐久試験: ヒートカットの旗と同じ場所で、2週間後に縫い目から「切れ」ました。
       一旦「切れ目」が入るとヒートカットより早く上まで切れて「ちぎれ」てしまいました。